カードローン 借りる

在籍確認の流れを知っておけば安心して申し込める

カードローンの契約を進める上で絶対に必要となるのが、在籍確認です。申し込み者の本人確認の意味も込めて勤務先への直接の電話を入れるのが主流で、カードローンのサービス名こそ明かさないものの、直接の電話による確認を行う手続きとなります。

 

在籍確認はどのように行われるのか、内容としてはどういったものなのかはカードローンを利用したことがない方にはわかりづらく、どうしても不安に感じる部分も大きいものです。しかし、内容を知っておくと意外にも簡単なものであり、そこまで気にすることではないと分かります。

 

まず基本となる在籍確認の流れを見てみると、ネットでの仮審査に通過をすると本人宛へのメールや電話による審査結果の連絡に加え、在籍確認を行う旨が伝えられます。一部では書類による確認ができる場合がありますが、多くは電話での確認となりますので、ここでは電話での確認として進めます。

 

電話による在籍確認となると担当者が個人名で勤務先への電話をかけます。何もこの電話は本人が出る必要は無く、他の方が出ても本人が在籍していることが確認できれば問題ありません。つまり、席を外していたり休みだったとしても、そのことが分かれば良いのです。

 

本人がいる場合で電話を繋いでもらったら、そこで初めて個人名ではなくサービス名を明かします。在籍確認の電話であったこと、確認が取れたことが伝えられ、無事に在籍確認が終了となるのです。

 

大体はどこも同じ進め方となり、大手消費者金融のプロミス審査の在籍確認においても同様です。特に違った進め方となるわけではないので、申し込み時にそこまで心配をすることもありません。